HOME > 会社案内 > 社会貢献

社会貢献

食を通じて社会貢献する

 お客様が安心できる食生活の実現のために、
より良いものをより安くお客様の立場に立って提供します。
宮城県に根ざす地元のスーパーとして、鮮度にこだわり、
「食」に特化した展開を行っています。

ウジエスーパー・プライベートブランド かだっぱり
鮮魚

鮮度が重視される鮮魚部門。各漁港の仲介人との独自のネットワークを活かし、北は北海道、南は九州まで全国各地の新鮮な地魚を毎日仕入れています。それぞれの港で水揚げされた生魚はただちに出荷され、翌日までには店頭に並ぶので、新鮮さは折り紙付き。こうした小回りの利く仕入れは、ウジエスーパーならではの強みです。また、全国から集まる冷凍魚は、自社工場でオリジナルの味付けを施し、それぞれの地域特性に合わせて商品化しています。

イメージ1
 

青果

地元宮城の生産者にスポットを当てたいという想いから生まれた自社ブランドの「がだっぱり野菜」は、真面目で職人肌の地元生産者が新鮮さと安心・安全にこだわって作った産地直送野菜。品質と鮮度の良さ、価頃感を満たした100種類以上を、年間を通して販売しています。今後は現在10店舗で実施中の「富揃い産直市」の充実、店舗のパートナーによる産地研修など、生産者の声をお客様に直に伝える努力を重ね、さらなる「食を通じた社会貢献」を目指してまいります。

イメージ2
 

精肉

地元宮城の指定生産者がこだわりを持って愛情たっぷりに育てた「かだっぱり宮城豚」。「お客様に安全で美味しい豚肉を安く提供したい」というウジエスーパーの想いが結実したプライベートブランドです。この豚肉を使用した「かだっぱり餃子」など、精肉部門では「ウジエスーパーにしかない」商品の開発に注力しています。また各店舗では、商品を使ったメニューの提示、「ながら販売※3」の実施、販促物の強化などに努め、「提案力のある売り場」づくりに邁進しています。

イメージ3
 

デリカ

ウジエデリカでは、原料調達から、商品企画・開発、自社工場で製造、販売まで一貫して手掛け、安全で美味しい、ウジエにしかない本格的な味に仕上げた商品をお客様に提供して、これからのニーズに対応していきます。世の中のトレンドは単身、個食の時代になっています。デリカを利用して安全で美味しく健康的な食事を楽しくするのが普通になっています。そのお役に立てるように、惣菜・寿司・生産の各事業グループはプロのデリカ集団としてお客様から評価していただけるよう日々努力しています。

イメージ4
 

食品

食品部門が目指すのは、「競合店との差別化」。ウジエスーパーでしか扱っていない商品を増やすために、お客様の声に常にアンテナを張り巡らせ、定期的に新商品の試食会を行うなどの努力を続けています。また、地域のメーカーの商品を導入し、地元ならではの品揃えを実現することも取り組みの一つ。商品の定番化に向けては、コトPOPで商品特長をアピールしたり、生鮮部門と連動しながらの試食販売や対面販売を充実させたりなど、多彩な提案を行っています。

イメージ6

※1:プライベートブランド…ウジエスーパーオリジナル商品。 
※2:かだっぱり…本社のある登米地方の方言で「頑固な」「こだわりのある」という意。当社独自の品質基準を満たしたものだけに“かだっぱり”のブランドをつけています。 
※3:ながら販売…お客様の目の前で、店舗スタッフが切ったり煮たりしながら、お客様に試食をしていただき、味と価格にご納得いただく販売スタイル。 
※4:コトPOP…「商品(モノ)」を通して得られた「経験・体験(コト)」を伝えるPOP。

 
ウジエスーパーの最大の資源は「人財」です。「感じのいいお店づくり」は「人」から始まります。

ウジエスーパーは、「感じがいい店づくり」が重要と考えています。その「感じがいいお店」をつくり上げるのは「人財」です。気持ちの良いあいさつ、相手を和ませる笑顔、相手の心をつかむアイコンタクト、清潔感を感じる身だしなみなど、一人ひとりのお客様との関わり、従業員同士の関わりが「感じのいいお店」をつくりあげると考えています。

安心して働ける職場環境がおもてなしの心の接客姿勢を産む
イメージ

うわべだけでなく、内面から湧き出る“おもてなしの心”をお客様に伝えることで「感じのいいお店」と評価されます。また、お客様に気持ちを向けるためには、誰もが安心して働ける環境が必要ということで家庭事情を考慮した勤務体制を整備したり、社内での“人と人の和”を重視しています。

一人ひとりの高い意識づけがお客様を満足させる行動に直結
イメージ

意見を出しやすい環境が従業員一人ひとりの自発的な考えや行動につながり、お客様に満足していただける行動につながります。お客様の問いかけには100%応え、お客様と気さくに言葉を交わすことが「感じのいいお店づくり」の基本と考えます。

「ウジエ商集団活動りんご100%」

一人ひとりの可能性、チームの可能性、組織の可能性、潜在能力を最大限に発揮してもらうために、小集団活動=「ウジエ商集団活動りんご100%」を実施しています。問題解決、現状打開の具体的手法を学び、ウジエスーパー独自の方法で改善・改革を図っていきます。

イメージ
 
ネーミングに込められた思い 「ウジエ商集団活動りんご100%」の由来は「商魂」。小集団の“小”と商魂の“商”をかけ、楽しく充実感を得ながら仕事をしようという強いメッセージが込められています。
 
能力開発のための各種研修会、

ウジエスーパーでは、能力開発の手助けとして、各種研修会、講習会を社内外で実施しています。また、若い感性とパワーをリフレッシュし、グローバルな視野を磨いてもらうためにヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどへの海外視察研修も実施しています。また感じのいいお店づくりのため、ニコ・クリ(ニコニコ・クリーンネス大賞)や従業員買い物アンケートなどを実施しております。

イメージ
 

▲ページトップへ

  • ウジエスーパー×KIRIN ウジエンヌ
  • ウジエスーパー×suntory ちょっとの工夫でプロの味
  • エコーガニック
ご意見箱はこちらから